看護師は業務で印鑑を頻繁に使う職業です。
主に書類への捺印ですが、かなり頻繁に使うことになるので
看護師は印鑑にもこだわっている人が多くいます。
キャップレスの印鑑はもちろんですが、書類によっては印鑑の幅が違っていたり
訂正印が必要になる場面もあります。
そのため、ツインタイプ印鑑を持つ看護師が多くなっています。

ツインタイプ印鑑とはペンのような小型の形状をしていて、
上下それぞれに印鑑が付いています。
同じ印影であることが多いですが、印影の大きさが異なります。
9ミリの認印と6ミリの訂正印のような作りになっている印鑑です。
名前の大きさによっては認印が出来ない場合もありますので、
そのあたりは工夫が必要になるでしょう。
価格は2000円~3000円代が多くなっています。

頻繁に印鑑を使う看護師ですから、別々になった印鑑を持つよりは
ツインタイプを選択するのも納得できます。
また、キャップレスなのでポケットに入れて持ち運びできますし、
服に朱肉がついて汚すこともなく安心して使えます。
シャチハタ印鑑は普通に作っても2000円近くするため、ツインタイプにすれば
手間も省けますし便利に仕事につかえるのは間違いありません。

看護師さんが胸ポケットやズボンのサイドポケットにボールペンなどを
刺して歩いてるのを見かけるかと思いますが、その中に印鑑を入れて
持ち歩いているのが一般的です。
ただ、大きさがコンパクトになっているので、一緒に洗濯してしまうと
印鑑として使えなくなるリスクはあります。