2015年6月アーカイブ

看護師は国家資格です。
看護資格を取得するためには学校に通って看護の勉強をしなくてはいけません。
独学で勉強して試験だけ受けるということはできないのです。
学校に通っている間は費用がかかりますし
勉強や実習が忙しいためアルバイトなどをする暇はありません。

しかし全ての人が資金に余裕があるわけではありません。
中には貧しい暮らしの中で看護師を目指す志の高い人も沢山います。
教育訓練給付制度は費用の一部を負担してくれるので
看護師を目指す人にとってはとてもありがたいものです。

もちろんこの給付制度を利用するためには、雇用保険の被保険者暦3年以上など
いくつか条件を満たさなければいけません。
今回要望書が提出されたのは看護師2年過程通信制を
訓練給付の対象に含めて欲しいというものでした。

准看護師として働きながらキャリアアップしていきたいと考えている人に
この要望書が通れば力強いと思います。
看護師 2年課程通信制養成機関の看護師国家試験合格率はあまり高くありません。
これは働きながら学ぶことの大変さをあらわしています。
生活のためには仕事を減らすわけにいかない。
これでは勉強と両立は難しいです。
給付が出ればその分休みを取得して、勉強に当てることができます。
看護師は人々の暮らしに欠かすことのできない仕事ですから
要望書が聞き届けられるといいなと思います。