2015年10月アーカイブ

30代からでも看護師になれるかな?

看護師は安定した収入が得られる職業として、30代からでも
看護師になろうとする人は多くいます。
そのほとんどは専業主婦をしている人で、子育てしながら
看護師を目指す人もいます。
看護師になるためには、国家資格を取得しなければなりませんが
専門学校などに通うことで高確率で合格できます。

とはいえ、専門学校に通うとなれば学費が気になるところですが、
3年間の学校生活でトータルの支出は100万円を少し超えるぐらいです。
看護師の資格を取得すれば仕事に困ることはありませんから、
先行投資としての100万円は安いと言えるでしょう。
専業主婦の中には外に出て働きたいという方が多くいますので、
そういった方が注目している職業です。

少しでも看護という仕事に興味があってしっかりと勉強する気があれば
30代でも看護師の門戸をたたくのは間違いではありません。
無事に国家試験に合格して看護師になった場合には、
年下の上司というのも普通にあることです。
そういった労働環境であること激務であることを理解した上で、
看護師を目指すようにしましょう。
看護師になる以上は分け隔てなく扱われますので、30代だから
子供がいるからといったことで特別扱いを受けることはありません。
安定した収入を得るために30代になっても向上心を忘れないことは、
非常に素晴らしい考え方だと思います。
専門学校に通うことが出来る環境にある人で看護師を目指す場合は、
最寄りの看護学校について調べてみてはいかがでしょうか。