2018年1月アーカイブ

仕事には潰しのきく仕事と、そうでない仕事があります。
潰しがきくとは、その仕事を辞めても他にいくらでも再就職することができる、
そういう職業のことを言います。
看護師は激務で精神的、肉体的な負担が重いので、辞めたいと思う人が多くいます。

潰しがきかない仕事の場合は、辞めてしまうと再就職が難しくなるので
そう簡単に決断することは難しいですが、潰しがきく看護師の場合はそうとも言えません。
看護師の給料は一般職に比べると高いので、多少のきつい仕事内容も給料の高さで
我慢できる人もいるでしょう。

看護師は国家資格を取得していますので、一度看護師を辞めても再度看護師として
働くことは難しくありません。
辞めた人の中には看護師以外の医療関係に再就職する人もいれば、
多くは事務職や接客業として再就職するケースが多く見られます。

看護師は医療事務もこなしますし、患者とのコミュニケーションを取ることから
人と会話することにも慣れていますから接客業にも対応できます。
再就職するのに看護師としてもう一度稼ぎたい人もいれば、無理のない範囲で
働きたいと考える人もいるのです。

そういう意味で看護師というのは他の職業では考えられないほど、
潰しがきく職業だと言えます。
稼ぎたいうちは我慢して稼ぐ、しんどくなったら転職することも選択肢とする。
そしてそれは自分で決めることができ、比較的自由に叶えることができる。
それが看護師という職業と言えるでしょう。