看護師の悩み(キレやすい医師について)

<キレやすい医師についての悩み>


些細なことでキレる男性医師との関わり方について悩んでいます。
ちょっとしたことでキレて看護師を怒鳴りつけ、
相手によって態度を変えるという曲者なのです。


同じ失敗をしても看護師長などであれば「しょうがないね」となりますが、
私などの場合には「何やってんだ!気をつけろよ!」となります。


これは看護師としての仕事上の悩みというよりは、
人間関係の悩みであると思うようになりました。
どうすればこのような問題は解決するのでしょうか?
医療関係の職場ではよく人間関係が悩みであるということを聞きます。
どうして人間関係に関する問題が多くなってしまうのでしょうか・・・


人間関係での悩みというのは仕事をする上で非常にストレスになってしまうのです。

**********

キレる医師というのは本当に残念な存在でなりません。
腹立たしいですしお気の毒だなぁと思います。


一度恫喝されてしまうとその医師とは距離を置きたくなります。
私の経験上もそのようなことが何度もありましたし、
現実にキレやすい医師というのはどこの病院にも、
どこの科にも存在するのです。


「激しく討論する」ことと「キレて怒鳴られる」というのは、
完全に違うものであることは明白です。
また、キレる医師というのは今に始まったことではなく
昔からなのですが最近の傾向としては
年齢と問わずにキレる医師が増えている印象がありますね。


腕がよくても性格に問題があるとなれば、
もはや医師としてというよりは人としてどうかという話になってしまいます。

カテゴリ