キレやすい医師への悩み

相談内容ではキレ方というのも人を見てということのようです。
このタイプはありがちで相手の職位を見てキレているのは明白です、
なぜかというと私の職位が上がるに連れてキレる頻度が少なくなっていったからです。


他には職位関係なく手当たり次第にキレまくる人もいますので、
そのような人に比べるとまだマシかもしれません。


もちろん、役職がない看護師なら怒鳴ってよいわけではありません。
キレて怒鳴るということに何の意味があるのかと聞きたくなりますが、
このようなキレる医師であっても自分より上の医師へは
絶対にキレることはありません。


いっそ誰であってもそうであれば諦めが付くというか、
職務上の問題として提起することもできるのですけどね。


医師というのは若い頃から「先生、先生」といわれて、
ちやほやされて仕事をしてきたという側面があります。


そのためかキレることを含めて未熟な行動というものが
許される立場にあるとも言えるのです。
医師ではなく一般的なサラリーマンなどであれば、
使い物にならないような人間性を持っていても
医師という腕があるだけでやっていけるのでしょう。


最近では一般企業でもキレる上司、キレる部下というのが
増加傾向にあるということです。


キレるというのは自制心がなく言語化能力が未熟であるという
証拠でもあるのです。
医療職だけにキレる人がいるわけではなく、
医療職に少しだけそのような人の割合が高いと思ったほうがよいでしょう。

カテゴリ