やっぱり多いの?看護師のサービス残業の実態

看護師は一般職に比べると残業が多い職種ですが、残業があっても
その分だけ給料として残業代が支給されれば、少しは報われると言うものです。
しかし看護師の多くは残業代が支払われない、サービス残業を強いられています。

よくあるケースは看護記録業務などは残業として認められにくい傾向にあります。
これは人によって時間にばらつきがあるため、効率化を求められる部分です。
しかし必ず行うべき業務ですから、当然サービス残業になります。

そもそも残業として認められるかどうかは、看護師長が認めた分だけ
というルールがあるため、看護師長が認めなければ必然的にサービス残業になります。
この認められないとサービス残業になるという実態が、根本的におかしいのです。

どんな仕事であっても業務として決められている以上は、それは労働時間として
拘束されているわけですから、認める如何に関係なく残業代は払われて当然です。
しかし効率よく働けば、残業はしなくていいはずだという机上の空論、
無茶苦茶な理想論を掲げてサービス残業扱いにしてしまうわけです。

つまり遅くなったのはあなたに原因があるんだから、残業として認めない。
という暴論なのです。
イメージ通りに仕事を完遂できれば、それに越したことはありませんが
全ての人がうまく行くわけではありません。
そしてそんな理想論で仕事ができるほど甘くはないでしょう。
イメージと現実は全く異なるわけで、看護師という仕事でサービス残業が
多いのはそのまま離職率の高さに反映されていると思います。